FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

空知ドラゴンのイロイロ日記

日々の気象(地元)の日記です。他に旅行、グルメ関係の日記を時々掲載します。

先代から学ぶこと。本当の敵とは? 

日本は、昔から外交下手とよく言われます。
日本に次々ミサイルぶっ放し、核実験やらかす北朝鮮の脅威が騒がれてる最近。
アメリカもミサイルの脅威に置かれ、北朝鮮に武力行使やるのが近いと言われ、
未だそんな兆候もありません。
5月に米朝会談が行われる予定ですが、安倍首相は、蚊帳の外。

日本は、北朝鮮からミサイルの威嚇攻撃受けると、誠に遺憾、誠に遺憾の繰り返し。
日韓合意の失態と、どうにもならん状態。

外交下手と言われる我が日本。しかし、戦時戦前から国際情勢をしっかり判断したり、
日本の本当の脅威が何なのかをしっかり捉える潜在能力の凄さは、脱帽です。

「ユダヤこそ、真の敵 野望を破砕 世界維新へ」
昭和19年6月下旬北海道新聞より。

208zz405z1

この新聞、井澤氏と白鳥氏という2名による対談式記事。
現戦局とユダヤ禍というテーマで掲載。

先ず大東亜戦争開戦原因は、白人至上主義のアメリカが、太平洋全域支配に脅威で、
有色人種の分際で生意気と決めつけ日本をヘイト。
China共産とダッグ組んで、日本を虐げ、経済封鎖をやり日本から先に戦争やらす挑発や脅しを日本にやりました。

ハルノートを突きつけられ、日本は、アカや白人に支配され滅亡を選ぶか、
敗戦を予知しながら短期決戦勝算奇跡を信じ、大国アメリカと一戦交じえるかのどちらかを選ぶしかなく、
日本は、自存自衛のため藁にすがる思いから大東亜戦争へと進んで行きました。
当時人類覇権構図頂点に君臨しやりたい放題のアングロサクソンの脅威に日本は、
祖国自存自衛のため立ち向かいましたが、
アメリカの対日戦争目的は、日本永久無力化と日本民族抹殺でした。

これが大東亜戦争の基本的な起因でしたが、一方で、ユダヤの脅威も潜んでいました。

記事内一部引用

(米英の実体は、ユダヤである、また蒋介石もフリーメーソンの一派の様なものだ。
そして、彼等は、国境を事実上撤廃して世界共和国を打ち建て様といふのだ。
ウィルキーが世界は一つといふたのは、ユダヤを主体とした強大な一国を作る事を意味する。)

(敵は、米英というが米英の国民は、ユダヤに使われてるので実はなやむべき奴なのだ。
本当の敵は、ユダヤである。ユダヤの世界制覇思想だ。
それが日本の八紘一宇の精神と相容れないのだ。)

戦時中今から74年前の新聞記事ですが、的を得た対談記事であります。
ユダヤ人をひとくくりに差別してるわけでないが、確かに的確な記事。
対日戦争を模索し日本永久無力化を目論んだルーズベルトも先祖がオランダ出身ユダヤ系でしたし、
ユダヤのアメリカ、イギリスを中心とした世界共和国目的に日本の八紘一宇、
各民族の尊厳を尊重した大東亜共栄圏は、ヘイト対象だった筈。

しかも当時の日本民族も温厚なお人好し民族で、ユダヤの脅威なんぞ研究する人も少なく、
逆に日本は、ナチスの迫害を受けたユダヤ人を日本に一定人数受け入れてるわけです。
日本は、ドイツと同盟結んでる状況でしたが、
互いにソ連、アカの脅威から利害一致し結んでるだけでした。
日本は、ユダヤ人を虐殺なんかしてるか?
しかし、ユダヤ系のアメリカのリーダーが日本をヘイトし、戦争挑発し、日本を壊滅に迫いやりました。

勿論ユダヤの世界共和国目的だけがあの大東亜戦争の原因でありません。
白人至上主義の悪魔の牙がアジア極東で、外国とさほど関わり持たず、
列島内で、繁栄築き暮らしてる日本に波風となってやって来ました。

一神教の外国が次々他宗教の外国を侵略し、殺戮やらかした16世紀、
日本は、江戸時代から鎖国し、日本民族は、日本列島で、独自の繁栄と平和を維持し、暮らしてる状況。

そんな平和を破ったのは、ペルリ、アメリカからやって来たペリー艦隊でした。

日本は、外国の波風に否応なく晒され、祖国を守る、日本列島を侵略されないため、
維新を遂げ、イギリスなどから学んで、富国強兵を遂げました。

それらを物理的にも、精神的にも破壊したのは、アングロサクソン、一神教の外国人です。


スポンサーサイト

Posted on 2018/04/05 Thu. 23:31 [edit]

category: 日々感じた事(社会世相)

thread: このままで、いいのか日本  -  janre: 政治・経済

TB: 0    CM: 0

05

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://solachidragon77.blog.fc2.com/tb.php/4264-650d9294
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list