FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

空知ドラゴンのイロイロ日記

日々の気象(地元)の日記です。他に旅行、グルメ関係の日記を時々掲載します。

空襲避難せず、初期防火徹底は、非人道的か? 

2018310zz11

東京大空襲の慰霊追悼のニュース報道がありました。
で、年配の知人が当時の空襲被害に関し、持論を述べましたが唖然。

東京大空襲にしろ、それ以外の都市空襲被害にしろ、確かにやったのは、アメリカ軍だけど、
犠牲者があれだけ出たのは、日本の政治、役人側にも責任あるんだろうな。と、

はあ?何故?と聞くと、、

空襲の際、住人には、空襲から退避せず、町内を守れ!と軍部や役人から、
命令があったじゃないか。退避したら罰則もあったらしいよ。

だから皆仕方なく隣組の同調威圧からも、焼夷弾降り注ぐ中、
無駄なバケツリレーをやり、退避が遅れ犠牲者が増えたのだろ。と。

ある左思想な奴のブログ?にも、退避を禁止したから大空襲は、日本人が日本人を虐殺した!
そんな狂ったたわ言をぬかしてる。
サヨクは、鬼の首をとった様に、命がけで、空襲時退避しないで、消火励めと、
市民に命令した、空襲被害は、日本人が日本人にしたニダ!と喚く。

確かに空襲時、避難しないで、初期防火徹底を求める新聞記事は、昭和20年春〜夏ありました。
私さえ、確かにこれは、無謀過ぎる、危険極まりないとしか思えない。

だけど、今の価値観、今の基準を大東亜戦争末期のあの時代と一緒に考えたらいけないのです。

今の平和な時代、自然災害は、脅威です。例えば津波も海岸に近い街で、大津波警報が発令されたら?
直ぐ避難体制に入るでしょう。早く避難が一番。
高台に急ぐ、高台が近場に無ければ、頑丈なRCのビルの高層階に避難する、
そんなビルも公共施設も無ければ、出来る限り内陸へ避難する、
それが生存率を上げるわけです。

しかし、戦争による無差別爆撃は、自然災害と違います。
昭和20年春〜夏の空襲が日本各地で、深刻であった当時、
大都市圏の住人に空襲警報が発令され、全員に郊外に避難呼びかけると、
何万人、何十万人もの住人が一斉避難し、それこそ、大パニックになるでしょう。

当時のアメリカ軍による日本無差別爆撃で、インフラも破壊され、交通網も瀕死。
大都市圏の住人が慌てて郊外に避難した所で、大して、遠くに退避出来るわけでなく、
逆に悪虐非道な無差別爆撃やるアメリカアングロサクソンには、大量の避難者は、攻撃対象に。


大東亜戦争当時のアングロサクソン侵略連中は、日本人を人間扱いしないで、
田舎の町まで、手当たり次第無差別爆撃をやりまくる非道な悪虐を繰り返した。

国鉄の列車や連絡船も簡単に爆撃やる連中。あの戦時、アメリカ連合国軍が日本人を人間扱いなど、やってるやら?
大都市以外中小都市、田舎も、病院、国鉄列車、連絡船までためらいなく手当たり次第無差別爆撃やりまくってる。
そんな状況で、何万人もの都市部住人が郊外に続く国道や線路沿いを避難したら?
グラマン艦載機の格好の餌食間違いない。ロケット弾や機銃掃射で全滅だろう。

また空襲酷い当時、都市住人何万人、何十万人を郊外に避難させるにも、避難施設、食べ物や寝具はどこから調達?
アメリカ軍が当時、日本のインフラを破壊し、日本国民は、食べ物、物資も不足しないない尽くしの暮らし。
避難所なんぞ、満足に郊外や河川敷に作れる余裕もありません。
また、アメリカ軍爆撃機の格好の餌食になるでしょう。戦時とは、そんな状況。

当時の状況から住人を皆郊外に退避させたら、どうなるやら?
まともな軍人や役人なら、そんな危険を察知するでしょう。

また爆撃の恐怖から大量の住人を一斉避難させると、大パニックになって、危険極まりない。

そんな事から、退避しないで家を守りましょう。と自制を促すしかなかったのでしょう。

またサヨクが喚く命かけて退避しないで防火専念しろ!そんな国民の生命無視が事実なら、
何故防空壕を皆庭や町内の野山などに設置したのやら?
街の大通りには、各所に艦載機の奇襲に、備えた待避壕も設置されました。

空襲警報を聞ける様にラジオ音を高聲に、ラジオから空襲警報、軍管区情報を聞ける様に、
ラジオの無い家庭には、町内会が空襲警報が発令されてる事を伝える体制があり、
防空班が空襲警報が発令されたら、メガホンで、防空壕へ退避!と呼びかけてました。

もちろん初期防火は、頑張りましょうと啓蒙もありましたが、
住人の生命を守る措置も普通にあったのです。

またどの道、アメリカアングロサクソン侵略連中による悪虐非道な無差別爆撃は、
初期防火など無駄で、日本民族根絶やし、日本永久無力化を対日戦争目標に掲げるアメリカ軍は、
郊外への避難路の鉄道網や連絡船まで、破壊し、港湾に機雷ばら撒き、日本人を飢えさせ、
都市部住人を田舎に移動させない環境に変えたのです。

空襲予告ビラを配布したのも、アメリカ軍の優しさなんかでありません。
信じた住人は、当然冷静さを失い、皆田舎、郊外に避難し様と焦ります。
そんな群衆心理パニックを誘発させるプロパガンダでありました。

日本の政治家、軍部は、好き好んで、一般国民に退避しないで防火専念しろと、
呼びかけてたわけでありません。

今の平和な時代の価値観で、当時を判断出来ません。

またあの大東亜戦争も、日本は、戦犯、加害者でなく、被害者です。
空襲の悪逆非道な殺戮行為をアメリカ連合国軍は、正当化してるが、
アメリカ軍の日本永久無力化、民族根絶やしの狂った悪魔の蛮行であり、
日本人が自虐史観に苛まれる必要性がありません。







スポンサーサイト

Posted on 2018/03/10 Sat. 23:45 [edit]

category: 日々感じた事(社会世相)

thread: 情報の後ろにある真実  -  janre: 政治・経済

TB: 0    CM: 0

10

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://solachidragon77.blog.fc2.com/tb.php/4246-e5e97693
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list