04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

空知ドラゴンのイロイロ日記

日々の気象(地元)の日記です。他に旅行、グルメ関係の日記を時々掲載します。

爆弾低気圧猛威 

1日、2日は、日本海から発達しながら近づいて来た低気圧の影響で、
大荒れの天候。胆振管内や十勝管内などで大雪、猛吹雪が猛威。交通網が乱れるなど影響が。
一時停電も相次ぎ、また建物にも被害が。

この猛吹雪により、苫小牧市内林道で、ロードサービス社員が、
救助作業中、低体温症で亡くなられました。

救助通報したのは、NHKの職員男性。休暇中林道をドライブし、
猛吹雪に遭い、ロードサービス会社に救助通報したらしい。

不要不急な外出を控えましょう。と呼びかけてるメディアの職員が、
猛吹雪になるやもしれない予報がニュースで、これだけ騒がれてる中、
林道に入って、吹雪に遭い、身動きとれずロードサービスに助けを求める、、
その通報を受け駆けつけたロードサービス社員が犠牲に。

滑稽というか、残酷というか、理不尽過ぎる。

不要不急の外出を控えましょう、命に関わる猛吹雪と気象台が呼びかけました。
しかしこうした悲劇がまた起きたわけです。

香港は、台風の接近に伴い、台風カテゴリーにより住人に防災が徹底されます。
最悪クラスの台風の場合、予め住人に外出自粛勧告や企業休業、休校、交通機関もストップ。

日本も本来この様な対策をやらないといけない気が。

企業も経済利益優先は、わかるけれど、爆弾低気圧で酷い猛吹雪など警戒が出たら、
社員に対し、自宅待機指示を出して、出社させないなど行政が徹底啓蒙させる必要もあります。

地震は、今の技術だと前日から予報なんぞ無理ですが、
爆弾低気圧や台風は、前日、2日前には、予報が出てるわけで、対策がとれます。

ロードサービス会社も、無理な出動は社員が二次災害被害者になる、
そんな危険性を再認識し、自己責任で猛吹雪に遭い身動きとれなくなった運転手には、
無理に駆けつける事は、辞めた方が良いかも。

5年前のあの暴風雪の悲劇、今回は、教訓になったのでしょうか?

また今回の爆弾低気圧は、滝川は、大した影響も少なく雪も2日午後から強まりましたが、
15センチ位で、済んだ様でした。

風は、1日夜から2日時々暴風吹き荒れましたが、爆弾低気圧の中心が滝川付近を通過したのか、
大雪も無く、暴風などの被害もありませんでした。






スポンサーサイト

Posted on 2018/03/03 Sat. 10:50 [edit]

category: 気象日記 ( 2012年4月〜最新)

thread: 気象レポート  -  janre: 学問・文化・芸術

TB: 0    CM: 0

03

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://solachidragon77.blog.fc2.com/tb.php/4242-b9149c03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list